蛍光灯と。月明かり。

頑張って頑張って
いろいろ悩みながらも
耐えて耐えて
頑張って頑張って

嘲笑われたり
バカにされたり
誰にも見向きされなくとも

頑張って頑張って

とりあえず笑ってて

いつか報われるとか
そんな風に思ってたりしながら

でも、報われることなんか
なくて。

引き抜かれて放られて
捨てられて
踏まれて
捨てられてることにも
引き抜かれてることにも
踏まれていることも
誰にも気付かれなく。

それでも。

頑張って頑張ってたりする。

そんなん、
バカかって思うんだけど。

思うんだけども。

だけど。

報われないんだけど。

けれど。

すげぇなって。
思うのです。

ほんの一滴だけの水が
全身を潤すんだ。

それだけでいいって、
ボロボロの靴をね
ボロボロの服をね

それだけでいいって。

鈍く光る、なんだか綺麗なような
そんなモノを纏って
ボロボロの靴と服を着てる人間を
ニヤついて見てるような。
そんなのに
引き抜かれて放られて。
踏みつけられて。
だれにも気付かれず。

でも。

そんな鈍い光なんかいらんべ。
そんな中で報われなくとも。
そんなまやかし。

その鈍い光に照らされなくとも。
そんなまやかしに報われなくとも。

本当に照らせるモノが
本当に光ってるモノが

いいのだと、思うのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です