つぶやき

介護士の賃上げ、か。。

ずーっと言われてるなぁ。

そもそもおかしな業界というか、何を仕事としてるか、とか、
結果がなんだとかいうのを測りづらい業界なんだわな。

何かをやったとか、成し遂げたとか、
そーゆーもんでもない。

数字は上げれるんだけど。
施設に入所する人らの数とか、まぁ、定員いっぱいまでだけど。
で、各種の加算を取り付けるとか。
通所利用者の数が増えるとか、入浴利用を増やすとか。

。。。

ね。数を増やすことだけ。
それだけでしか業績上がらんとゆーことになる。

なのでこなせるかこなせないかってことだけになるわけで。

もちろん各種治療系の加算とかあるけれど、そもそも数を増やすという安易なことをとりあえずやっとくことがベースにあったりする。

賃上げねぇ。。。

高齢化が進んでさらに利用者は増える。
需要は上がる。
寝てても数は増える。
あとはこなすだけ。

賃上げ??

わからん。わからんよ。
あげるほどの質があるのかい?
もっと貰っていいはずだっ!
ってそんな業種は他にもありそうだけどな。
交通誘導の人とか。
このクソ寒い中誘導してるおばさんとか。
そっちの方の賃上げしたげれば?

忙しい忙しいとみんな言うさ。
介護はキツイとか言うさ。
いや、キツイよ。
ってかキツくない仕事ってある?

それにしても賃金が低い。
そう?
貰ってる以上の質がある?
数をこなすだけなら、誰がやってもいいわけでね。
そんなの誰でも出来るだろう?
それで賃上げって。

もちろんもっと貰っていい介護士はいる。
アセスメントする力や、考察力、ケアから治療的な部分までカバーできる介護力がある人はいる。

そんな人らの賃上げはした方がいい。

でもね。
忙しい忙しい、キツイキツイと言ってる奴らの中にそんな人間を見たことがない。

こなすだけこなして終わり。
しかも誰でも出来るようなことを。

入浴介助は大変なんだっ!!
ってそんなこと知ってる。
排泄介助は大変なんだっ!!
知ってるって。

で?

大変なことはデフォルトだよ。

素人がやっても、大変だよ。

その中の何を持って介護士のスペシャルなとこを魅せれる?

介助するだけなら誰でも出来る。

力持ちがいればいい。
いなけりゃ人数でやればいい。

で、何が出来る?

寝返りをさせる。
ただ寝返りさせるのなら、誰でも出来るんだよ。
介護士じゃなくても。
どんな風に寝返りさせるの?
なんのための寝返りなの?
どの機能を使うの?なぜそう動かすの?
どうしてそこに手を置くの?
なぜその声かけなの?視界への入り方は?

ただ寝返りさせるだけなら。
そんな装置作ればいいだけ。

そんなのに賃上げなんていらない。

そんなのに金やらんくてもいいと思う。

介護保険は底が尽きる。
もはや破綻する。

無駄な金は使いたくない。

だったら、どこを切り落とす??

とはいえ急速な高齢化によって
質以上に量が求められてるのも本当で。
だから
そのバランスをとることが大事ってゆー局面。

そういった意味の、賃上げ。

決して、実績による賃上げではないということ。

だから本当に
質のいいサービスを受けようとするなら、数で回そうと考えてるとこじゃダメだ。

急速に高齢化が進んだ後。

次は、人が少なくなる。

施設はあまり始める。

忙しい忙しいと言えなくなる。

こなすだけの人間はもはや。

要らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です