もっともっと

世の中にある事は
自分も含めて
そんなに良いものじゃない。

むしろ腐っとる(笑)

えげつないことしてるけど
えげつなさには気付かない。


そんなもんだ。


人を裁くことは出来ないから
もし、やろうと思えば
完全に何もかも殺し切らなきゃならないから。

僕にはそんなことできない。
そんな力がそもそもないからだ。
というか
そんな力を持つ人間なんかいないからだ。

そもそも裁くことが不可能。
その中でも、なんとかしようともがきもがき。

どんな人間もゴミのようなところがある。
そんなに強い人間はいないからだ。
人間はそんな風には出来てない。

神に憧れ
神に成ろうとしても。
不可能なんだから。



だから神に委ねるのさ。

油でみなぎって
金も名誉も手に入れて
ニヤニヤ陰に隠れて逃げ回るゴミども。
幸せをどうか手に入れてくだされ。


たぶん、間違ってるさ。
それでも
世の中は君らを生かしてくれる。
賛美もされるだろうし
誰もが頭を下げるさ。

大丈夫。
欲にまみれて笑え。
神はそれを許す。


それが公平ってもんだ。

せめて、それに気付いてくれたら。
願わくば。
生かされてることを噛み締めることが出来るなら。
命の美しさを知ることも出来るだろうに。


誰もがそれを知ることを。
誰も損なんかしないんだから。



とても狭い門なんだろうけど。
細い声は
聴こえてもわからない。
聴こうとしなければ。

いつでもそれはそこにあるんだろうけど。
ホント、いつでも、そこに。

掴むか掴まないかは、自分次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です