弱者

昔は良かったなぁなんて思ったりしてしまう。
良くも悪くも意気揚々で
自由気ままな
でもって
自分は最強だと思ってたし
なんでもできると思ってた。

欲しいものは全部欲しがったし
それなりに手に入った。

横暴に生きてても
それはどこか間違った道ではないと思ってたから
正義は我にあり的な異様な自信で動いてた。

そうそう。

自分は強いと思ってた。

でも。

今になって思うよ。
今まで強かったことなんか一度もない。

一度もなかった。

そして思う。

これからも強くなることはない。
私はどこまで時が続いても
強くはなれない。

私には何もない。
始めから何もなかった。
何かあるかのように生きてたんだろうけど。
何も、ない。

だから、ただ祈る。
祈る。

そりゃ色々するさ。
あれやこれやもがくさ。
他人から見たら努力と言われることをしてるのかもしれない。
けど、そんなものはなんの意味もないさ。
それでも弱さは変わらない。

始めから終わりまで。
弱く生まれついてる。

もがけもがけ。
苦しみもがけ。

この苦味は、弱さゆえ。

僕は弱い。

限りなく。小さく弱い。

けれど、
弱さゆえ、
仰ぎ見続ける。
大きさを見る
強さを知る

だから。
ひたすら祈る。
神を感じるから。
祈る。
生かされてることに感謝する。

こんなにも弱いのに。
生かされてること自体が。
もう、奇跡としか思えない。

そこにはもう神しか見えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です