部屋

過去が部屋で並んでたら
そこに行って
なにを話そうか。


たくさん悪いこと、たくさんの罪
たくさんの後悔。
たくさんたくさん。


良いことなんて思い出せないんだけれど
肌が、感覚がね。
たぶん幸せな感覚がね。
どこが騒いでるんだろうね。
ほんの一瞬の香りや
ほんの一瞬の温度や
ほんの一瞬の視界で。




寒い寒い寒い時は
ほんのすこしの暖かみが
激しく幸せ。


ほんのすこし窓を開けた時の
冷たい空気は
ぼやけた感覚に輪郭をくれる。


寒さや冷たさが
たくさんの幸せを感じさせてくれる。


馬鹿みたいに。


皮肉なもの。
容赦しない人生は
容赦のない綺麗なものを。

髪は伸びる。
時間は流れる。
ずっと動いてる


なにがどうであれ。


息をし続ける。
進み進み。
時を止めた部屋にずつといることなんてないんだから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です