髑髏

スコセッシの沈黙は今月公開なのね。
楽しみですわん。

人なんてのはそんなに強くないし
そんな正しくもないもんね。

それでも正しくあろうと強くあろうとするのだけど。

まぁそれも、無理。

はなからそんな風に出来てない。

清廉潔白な人間なんておらんっすわね。

ゴミの山でゴミがゴミじゃないなどと叫んだところで。
ウジ虫がウジじゃないと叫んだところで。

ゴミはゴミ。
ウジはウジ。

どんなに着飾ろうが
どんなに偉ぶろうが

変わらないよ。
人間は人間。

別にネガティヴなことじゃない。

逆だよな。

綺麗だと思ってるから
潔白だと思ってるから

そーではない自分や他者や他が
とてつもなく嫌になるのよね。

頭に浮かぶ言葉といえば
愚痴や悪口。
妬み嫉み恨み辛み。

どんだけ自分が綺麗だと思ってるんだろうね。

昂りなんだろうね。
プライドやら勝敗やら
賛美や賞賛、全部、無駄。

そもそもそんなもん、ない。
ないのよ。
まやかしだ。

そんな有りもしないものに期待するなんて、無駄でしかない。
ただの道楽。

矛盾してるかもしれないが、
そんなものに縛られないところに
それはあるんだろーな。

有りもしないものに縛られてるなら
何をどうしても何にもなんないわ。

クソくだらない臭気に満ちたこのボンクラな世界に見えるのは
その本当の姿を知らないだけ。

知れる力もない。

だから、クソくだらない世界の中でクソくだらない賛美や賞賛を欲しがるのは当然。

なのにそこに逆らうのは。

それが真善美なんだろな。

はい。

さぁ寝よっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です