一人ままごと

何もできんな。
何もわからん。

はなから何もできんことはわかっとった。
自分が無力ということもしっかりとわかっていたつもり。

けど、自然に自分は何でもできると思い始める。
もともとそういう思考になれとったから。

いや、何でもできるのは間違いじゃない。

けれど、それは俺の力じゃない。
相変わらず、俺は無力だ。

何も出来はしない。

力など、俺にはない。

誰かと比べたら優れているのかもしれん。
誰かと比べたら劣ってるのかもしれない。

でもそんなこと、クソくだらない。
つまらん。
アホくさい。
何より、意味がない。

人間を人間と比べたところで。
大した差なんてない。
ほぼ同じ。

そんな中でやいのやいの比べて、
やいのやいの優劣決めることなんて。

比較することの意味は
ただの自己満足と
優越感を噛み締めたいだけの
一人ままごと。

何にもないから
何かあるように思いたいから
そんなもんを作って。

暇つぶしな時間。

それで出来てる世界に
わざわざ絡め取られる。

最初から
人間は
何にも出来はしない。

自分の力で命を生きてるなどと。
思い上がり。

奇跡で生きてることを
忘れる愚かさ。

そんなもんはもう捨てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です