強欲

持ってるものは無くなる
在るものは無くなる

命も尽きる

正しかったものも無くなり
大事にしてた何かも何もかもなくなる時が来る

聞こえていた声も
見えていた顔も
触れられた感触も
全部、消えてなくなる

それはそれで、べつに悪いことでもない。

でも

僕はそんな神様のような、全てわかるような力がない
だから、無くなったり失ったりすると
すごくすごく悲しい。

 

逆に、それが僕の命のような気がする。

無くなってゆくもの、過ぎていくもの
もう、無いもの。

全部、なんだかとても悲しい。

僕は強欲なんだと思うよ。

 

この肉のカラダから抜け出ることは出来ない
むしろ、それが宿命のようなもの

自分の心を麻痺させることを選択することもできるけれど
僕はそんなに強く出来ていない。

だから、ものごっつ悲しむよ。

 

それが無駄なことだと知っていても。

 

そして、それは無駄にはならないことも知ってる。

 

世の中に、どれくらいの人が
自分を麻痺させてる人がいるだろ。

でも完全無欠には出来てない。人間は。

どこかが歪む。

 

悲しむことは赦されてる。
強欲でさえ。

だから。

泣け。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です